相手の性格が静かで、あまり付き合った事がない男性の場合

こういった性格の男性の場合には、ストレートに断る事が肝心です。遠回りな言い方をすると、トラブルの元になる事があります。はっきりと「告白してくれて嬉しいけど、ずっと好きな人がいるから付き合えないからごめんなさい。」と言います。優しくてウブな女性格の人が多いので、好きな人がいればそれ以上言ってこない傾向にあります。


相手が結構遊んでいて、性格も浮いている感じの人の場合

この手の性格の人は、女性にとても慣れていますので、「自分には長年に想っている人がいて、真剣にその人と結婚がしたいと思っているから他の女性を探してほしい。」と言います。あまり強引に長く言ってこない性格なので、「本気な気持ちで好きな人がいるんなら、それ以上言ってもしょうがないな」と思ってくれます。


断る時のシチュエーション

あまり軽い感じで速攻に断ると相手も傷つきやすくなるので、丁寧に気を使う感じで断るようにします。女性の場合には、好きな男性がいるという事を嘘でも良いので伝える事がポイントです。
男性の話をだす事で、男性は結構諦めてくれる傾向にあります。強引に言ってくる男性には、きっぱりと付き合っているから付き合えないと言うと良いです。



あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。