相手の傷を深くしないためのポイント

告白して断られるというのは、自分が相手に寄せる好意を拒否されるということなので、全く傷つかないということはレアでしょう。ただ、傷を深くしないように配慮することで、相手が早く新しい恋に踏み出せるようにしてあげられるとよいですね。

そういう視点で、女性として男性に2つほどポイントをお示しします。


好意をありがたく思うことを伝える

どんなシチュエーションでも相手がどんな性格でも、まずは「自分にそんな好意を寄せてくれてありがとう」と伝えられると良いと思います。「そういう気持ちは迷惑です」的な断り方は、相手の諦めを早めることはできますが、傷つけてしまうので要注意です。


自分の問題であり、相手の女性の問題ではないことを伝える

告白を断るのは、自分の問題であり、告白してきた女性の問題ではないということを伝えましょう。
特に、自分の見た目についてのコンプレックスが大きい女性や、男性と付き合った経験の少ない女性ほど、この点についてはきちんと伝えてあげられると良いと思います。


あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。