確信を持たせない程度に「自分の気持ち」を匂わせる

まずは仲良くなっちゃいましょう。
共通点を探すとか、相手の得意分野を尋ねるなどすると話が盛り上がりやすいですよね。
ラインやメールを頻繁にしても違和感のないレベルまで持っていけるといいです。

次に一緒に出掛ける口実を作ります。
ライブのチケットが余ってとか、どこどこのお店に行きたいんだけど異性がいないと入りづらいとかとか。
これでOKもらえればなかなかいい感じです。

あなたのことが好きだっていうのは匂わせるべきです。
これがないと相手は脈なしと踏んで次の異性探しちゃいます。
かといって確信を持たせてもいけません。
特に相手が男性の場合狩猟本能があるので、確信すると安心してしまい、興味がなくなりやすいのです。

だから、相手の話をよく聞く・ほめる・時々ボディタッチなどなどしつつも、なんかつれない態度や他に近づいている異性がいそうな雰囲気を出すことが大事です。
「自分のこと好きなのかな? いやいや、でも……」
なんて思うことでどんどん相手を意識させられます。
で、そうこうしてるうちに、他に持ってかれる前にと告白してくるかもしれません。


あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。