――子どもが留学したい気持ちになるように親が働きかけられることはありますか?

まずは短期のサマースクールに参加することをお勧めします。

まずは短期のサマースクールに参加することをお勧めします。

服部 留学を手配している多くの会社では、留学セミナーを開催しています。そういうセミナーに親子で参加して、少しずつ時間をかけて海外への関心を持たせるのがいいと思います。あとはいきなり長期の留学を決めずに、まずは短期のサマースクールに参加することをお勧めします。短期の留学では語学の自信がわずかに芽生えるあたりで帰国することになりますが、楽しさを味わってくればそれでいいんです。サマースクールの参加が、長期の留学を決めるきっかけなったというご家庭は多いですよ。

――サマースクールへの参加はどうやって決めればいいのでしょう?

服部 サマースクールの実施は6月末から夏休み中です。人気のスクールは5月には定員に達してしまいます。だから5月の連休明けには決めるのがいいですね。ただ、夏休みが近づかないと高校の部活のスケジュールがわからないことが多いので、どこの国のどのスクールに行くのかを先に決めておいて、参加の日程はそのあと詰めるケースが多いです。年明けになると、その年のサマースクールの日程が発表されるので、そこからじっくり検討するといいですね。

――最後に、留学に向いているのはこんな子というような特性を教えてください。

服部 アバウトさがある子ですね。日本では良しとされていることが海外では良くないことであることもあります。細かいことを気にしすぎてしまうと苦しくなってしまいます。広くいろんなことを吸収できると、多くの文化があることを学んで、価値観を広げることができます。

――ありがとうございました。

教育移住や長期の留学を考えているご家庭は、サマースクールの参加から検討してみるのがいいでしょう。留学を取り扱っている会社には専門の留学カウンセラーがいます。個別に相談したり、セミナーに参加してみて将来の留学につなげてくださいね。

■グローバルパートナーズ株式会社
www.alc-gp.jp/
海外留学と生活情報の提供、グローバルパートナーズを中核としてグループ会社4社にて海外1200校への入学手続きを行う『留学サポートセンター』を運営

新宿サポートセンター(本社)
〒163-0206 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル6階
TEL:03-5325-6406

大阪サポートセンター
〒530-0001 大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビル5階
TEL:06-4796-1515

■服部智恵子(はっとり・ちえこ)
JAOS認定 留学カウンセラー
高校生の英語圏留学を中心に留学相談者へのカウンセリングを行っている。