ハンガーラックをつり下げてデッドスペースも有効活用

 

 

お皿やグラスは上に重ねていきやすいのでどうしても重ねがちの収納になってしまうのですが、重ねた一番下のものをすぐ使いたい時のイライラが半端じゃなかったです。
前にあるものをどかして上に重ねてあるものをどかして……。
広くて充実した収納を備えているキッチンならそんなにイライラしないで済むのかもしれませんが、我が家のキッチンはとっても狭いのでこんなにイライラしながら毎日過ごしていたらいつか食器を割ってしまいそう……。

そこで、お皿類はできるだけ立てることにしました。
よく使うグラス類は棚板にハンガーラックをつり下げてデッドスペースも重ねることなく有効活用できました。
来客時しか使わないようなグラスはすぐに取り出せなくても困らないので奥側にしまっています。

 

 

 

 

重ねるより収納スペースを取っているような気もしますが、たったこれだけで使いたいお皿をスムーズに取り出せるようになってイライラが解消されました。
大した動作ではないかもしれませんが、食器は毎日何回も出したりしまったりの繰り返しです。人生で何回やるのか数えきれません。その回数分イライラするなんてもったいないのでちいさなイライラが解消され満足しています。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。