150mの近さで打ち上げられる迫力満点の花火大会

 

 

荒川・砂町水辺公園で行われる江東花火大会。
規模は打ち上げ数が約4,000発、来場者は約30万人です。
どちらかというと地元民中心の花火大会で、都心に近い割には意外と混んでいない、ある意味穴場のイベントです。

打上げ場所と会場とは150mしか離れていないので、かなり迫力があります。
花火が川面に映る姿もきれいですよ。

メイン会場である砂町水辺公園は、南砂町駅から歩いて15分程度のところにあり、当日の南砂町駅はものすごく混みます。

そこで穴場としてオススメしたいのは、荒川をはさんで反対側の西葛西側。
荒川で打ち上げるので、西葛西側の土手でもバッチリ見られます。

注意点としては、電車の混雑。
会場自体はそんなに混んでいないのですが、会場に行くまでが一苦労。とくに東西線がものすごく混みます。
ただでさえ帰宅ラッシュで混雑している電車に花火目的の客が乗車するので、平日開催の年は特に注意。
数本見送る前提で、時間には余裕をもって計画を立ててください。


■江東花火大会
住所:東京都江東区東砂
電話番号:03-3647-4963
料金:無料
打ち上げ時間:19:30~20:30
HP: http://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/community/16/67.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。