軽量で保温性のあるアイテムが不可欠

 

 

基本的には通常の寒さ対策とあまり変わりませんが、

  1. 首、手首、足首を寒気から守りつつ
  2. 軽量で保温性を持つ生地の製品を着用する
     
この2点がポイントとなります。
これらを踏まえて以下の物を着用すると、真冬のランニングもわりと平気になります。

■手袋
個人的に木綿の手袋が好きなので木綿の白手袋を着用します。
ただし、この白手袋は吸水性が抜群で良いのですが通気性も抜群なので、「しないよりマシ」程度の防寒です。特に寒い日には2枚重ねています。

■ネックウォーマー

首を寒気にさらさないことで、かなり体温を維持することができます。
極寒の日には必須のアイテム。

■ウォームTシャツ
軽量で保温性を持ち、さらに運動性能を損なわないものを選んでいます。ただし、余程寒いときにしか着ません。暖かすぎて汗をいっぱいかいて、クールダウンの時に凍えたことがあるので。

■ロングタイツ
パンツやスカートの下に着用。
こちらも軽量で保温性を持ち、さらに運動性能を損なわないものを選んでいます。大会では、脚をサポートしてくれるものを着ます。

 

 

■長めの靴下
くるぶしまでの靴下だと足首を寒気にさらすことになるので、冬に外を走るときは必ず長めの靴下を履きます。


■adidas
手袋:1,050円~
ネックウォーマー:1,995円~
WARMシャツ:4,725円~
ロングタイツ:4,725円~
長めの靴下:1,365円~
購入可能場所:adidas商品取扱店や公式オンラインショップなど
HP:shop.adidas.jp/pc/


※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。