絆も深くなっていく、父子愛を中心に描いた作品

■作品名
「クレイマー・クレイマー」(1979年 アメリカ)
■監督
ロバート・ベントン
■出演
ダスティン・ホフマン、メリル・ストリーム、ジャスティン・ヘンリー
■DVD/Blu-ray発売元
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


時代背景は70年代アメリカ、ウーマンリブ、女性の社会進出が
叫ばれ、離婚率の増加が大きな社会問題になっていた時代、
主人公テッドは妻ジョアンナと5歳になる息子ビリーと暮らしています。
仕事は順調で家庭は円満、と思っていたのはテッドだけ、
ジョアンナは専業主婦という立場に疑問を感じています。
社会復帰をしたいと相談するもテッドが取合わなかったせいで
失意のジョアンナはテッドとビリーを残し家を出てしまいます。

初めての父子だけの朝、フレンチトーストを食べたいというビリーに
安請け合いしたものの、台所に満足に立った事のないテッドに
まともな料理など作れる筈がありません、当然目も当てられない結果に……。
この場面、何も出来ない男の情けなさが観ていてこっけいですが、
男としては凄く考えさせられる名場面です。

しかし、
その後のテッドの涙ぐましい奮闘ぶり、キャリアとプライドを捨て、
我が子との暮らしを一番に考える生き方に見事にシフトします。
父子の絆も深くなって行きます、離婚も成立し、養育権もテッドのものになりました。
ところがある日ジョアンナが裁判所にビリーの養育権奪回の申し立てをします。
ここからクレイマーVSクレイマーの親権を賭けての裁判対決が始まるのです。

裁判シーンはシビアで、頑張って来たテッドの姿を知っている
観客にはとても理不尽に思えるでしょう。
父子愛を中心に描いている作品ですのでどうしてもジョアンナを
悪く観がちですが、早く経済的に自立してビリーの養育権を
取り返そうと頑張ってきたジョアンナの気持ちも、よく解ります。

最後に、初めての朝大失敗したフレンチトーストを
父子で作る名シーンをじっくりとご覧ください、
余韻を残したエンディングも秀逸です。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。