シチュエーションコメディの手本となる作品

■作品名
フロント・ページ (74)
■監督
ビリー・ワイルダー
■主演
ジャック・レモン、ウォルター・マッソー
■DVD発売元
紀伊國屋書店

この映画の原作は劇作家のベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーによる舞台劇。

ルイス・マイルストン監督の『犯罪都市』(31)、ハワード・ホークス監督の『ヒズ・ガール・フライデー』(40)に続く3度目の映画化です。

後に『スイッチング・チャンネル』(88)としても映画化されたので合計4回。

これほど繰り返し映画化されたのは、脚本がよくできているからに他なりません。

シチュエーション・コメディのお手本と言っても過言ではないのです。

巻き込まれ型のジャック・レモンとうさんくさいウォルター・マッソーという名コンビが、語りの名人ビリー・ワイルダーの演出に乗って大いに笑わせてくれます。

1920年代のシカゴ、有能な新聞記者のヒルディ(レモン)は、結婚を機に記者を辞めて地道な暮らしをすることを決意します。

それを知った上司のバーンズ(マッソー)は、ヒルディを辞めさせまいとしてあれこれと策を練ります。

そんな中、死刑囚が脱獄し、記者室に逃げ込んできます。

これは特ダネと、彼をかくまいロールデスクの中に隠すヒルディ。
再び記者魂に火が付いた彼が嬉々としてタイプライターに向かう姿や、ロールデスクを開けようとする他紙の記者とのやり取りは爆笑もの。

ビンセント・ガーディニア、チャールズ・ダーニング、ハーブ・エデルマン、キャロル・バーネットといった個性豊かな脇役たちが記者室に出入りする記者や関係者を演じているのも見どころです。

ラストはどんでん返しに続いて“その後の彼ら”の写真と一口コメントが映ります。

笑いの後に哀愁が漂う名シーンですが、実はこれは新人ジョージ・ルーカスの『アメリカン・グラフィティ』(73)からのいただき。

ワイルダーはすでに巨匠の域に達していましたが、意外とちゃっかりしていて、ほほ笑ましくなります。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。