一見旅館や割烹のような落ち着きのある外観

 

 

博多の鍋と聞くともつ鍋を想像させる方も多いと思うのですが、じつは水たきも博多名物なのです。なかでもはじめて訪れた「長野」のお味は忘れることができません。

博多区対馬小路というにある長野は、一見旅館や割烹のような落ち着きのある外観。メニューは単品料理以外には水たきかスープ炊きしかなく、ほとんどの方が水たき(2300円)をオーダーします。

まず運ばれてくるのが白濁したスープと湯のみ。なんとお料理が出来る前にスープだけをいただきます。自分で塩分を調節し、ネギをトッピングして飲んでみると、ビックリするほど美味しいのです。

このスープを使った鶏肉はまさに絶品。お肉を食べたら野菜類や春雨などを食します。さらにお腹に余裕がある人はシメの雑炊を。

とにかくトリがプリプリでジューシー。雑炊まで食べてもあっさりとしているので胸焼けしません。ほかにも鶏肉の唐揚げもとても美味しいのでおすすめです。とくに県外の方がきた際に長野へご招待すると本当に喜ばれます。

おいしい水炊きが食べたいとお考えの方は、是非長野へお立ち寄り下さい。

■水たき 長野
住所:福岡市博多区対馬小路1-6
料金:水炊き:2300円ほか
営業時間:12:00~22:00
公式HP:なし

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。