トイレをもっと広く使いたい!もっとお掃除が楽なトイレがいい!など、今のお宅に何年か住む間に、みなさんも一度はトイレの改修(リモデル)について考えたことがあるのではないでしょうか。

でも、「うちはマンションだし・・・」と最初からあきらめたり、「和式を洋式に換えられるの?」と不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。今回は、リモデルで今使っているトイレがどんな風に変わるのか、またどんなことができるのかを見てみましょう。

リモデル前   リモデル後
今、使っているトイレが・・・   リモデルでこんなにすっきり生まれ変わります

ではまず、一戸建て、マンションなど改修(リモデル)のタイプ別に、どんな工事をするのかを見てみましょう。

改修例1【便座を取り替える】

ウォシュレット画像
 

一番お手軽な改修は、ウォシュレットの設置です。最新のウォシュレットは、お尻の洗浄だけではなく、オート便器洗浄やオート開閉などの機能もついています。

※ウォシュレットはTOTOの登録商標です。

改修例2【便器のみを取り替える】


戸建の場合は、ほとんどが床排水タイプ
最近は、床や配管の大がかりな工事をすることなく、短時間・低費用での便器の取替えができる便器もあります。図のように排水アジャスターを使うことによって、床の取り壊し工事や配管工事をせずに、便器を取り替えることができます。

図:従来便器の場合
従来便器の場合は、排管工事が必要になります。
図:リモデル便器の場合
「リモデル便器」の場合は、アジャスターをつけて、簡単に接続が可能。



■従来型便器の工事
リモデル便器以外の場合
現状の給排水管を移設する必要があります。比較的大掛かりな工事になります。


■「リモデル便器」の工事
図:「スピーディな工事と低コストを実現」リモデル便器の場合
「リモデル便器」の場合は、配水管の移設工事なし。工事期間が短く、低コストでの改修が可能です。



マンション・集合住宅の場合は、ほとんどが壁排水タイプ
マンションでも、今ある壁の排水口をそのまま使って取替えできます。もちろん、洗い落とし便器を「フチなし」「トルネード洗浄」などの最新型便器に取替えできます。

壁排水タイプ
今ある排水口をそのまま利用できる「壁排水タイプ」の便器


<室内配水管に対応可能な便器>
室内配管対応便器2
 
室内配管対応便器1
このように室内排水立管のあるトイレにも設置が可能です。



改修例3【空間全体を考える】

レストパル
新たに手洗い器や紙巻器や収納スペースまでセットした例

便器だけでなく、手洗い器や紙巻器や収納スペースまでセットすれば、トイレ空間はより一層快適な空間に生まれ変わります。手洗い器は今ある大便器給配水管をそのまま利用して、給排水工事なしで設置することも可能です。

給水分岐画像
今ある急配水管を利用して、便器の取替えと手洗器を設置するワンデーリモデル

改修例4【狭い和式トイレから洋式トイレ】


しゃがむ姿勢がつらい狭い和式トイレから、様式トイレに改修することもできます。スペースをじょうずに使えば、狭い和式トイレもご覧のとおり。

和式に改修の図
 


和式から洋式トイレに
 

トイレリモデルのチェックポイント


いろいろなリモデル例をご覧いただきましたが、リモデルの前に、お宅のトイレにウォシュレットの取り付けが可能かどうか、以下の点を確認してみてください。

1.トイレ内に電源コンセントがありますか?
コンセントがない場合には、商品代・取り付け工事のほかに、電気工事が別に必要になります。

2.トイレ内の寸法は充分ですか?
取り付けに必要なトイレスペースを確保するとともに、ドアの開閉に支障がないことを確認してください。*便座だけ・便器だけを取り替える場合

3.最低必要水圧は確保できますか?
商品によっては、最低必要水圧の確保が必要となることものがありますので、水圧の測定が必要となります。

<参考>購入前のチェックポイント

では、実際にトイレのリモデルには、どの程度の費用がかかるのでしょうか。次ページへ>>