目も舌も満足させてくれる、鎌倉の老舗のお弁当屋

 

 

大船軒は、創業明治31年以来、115年もの間に渡って伝統の味を技を守り続けている、鎌倉の老舗のお弁当屋です。

ここで有名なのが「鯵の押寿し」で、小さな鯵からわずか2切れしか撮れない身を伝統の合わせ酢でしめて、押し寿しにしたもの。

さっぱりとしていて、いくつでも食べられる美味しさで湘南名物として知られています。

そして明治32年に、日本で最初にサンドイッチを駅弁として販売したのが、この大船軒です。

現在でもレトロなパッケージの鎌倉ハムとチーズを挟んだ「サンドウイッチ」は、定番として人気があります。

さらに定番以外にも、ちらし寿司や、幕の内などの彩りも美しい駅弁を扱っています。

 

 

これは、東京駅専売商品の「宵宮(よいみや)」の海の幸ちらし弁当です。 

蓋を開けると、エビやサーモン、煮帆立、錦糸卵、いくらなどを美しく散りばめたちらしと、湘南名物のしらすを乗せた2種類のご飯が。

おかずも豊富で、出し巻き卵、かまぼこ、ふきや里芋などの野菜の炊き合わせ。

そして、大船軒の名物酢でしめた鯵やお漬物などが入っていて、あれこれと箸を伸ばしながら、目も舌も満足させてくれます。

■大船軒「宵宮」海の幸ちらし弁当
住所:神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号(本社)
電話番号:0467-44-2005
定休日:無休
購入可能な場所:www.ofunaken.co.jp/page003.html
HP:www.ofunaken.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。