お土産にしても喜ばれる富山の名物

 

 

明治41年に創業した富山県、富山市のますのすし本舗 源。

ここで有名なのが富山伝統の味「ますのすし」です。

立山連峰の万年雪が溶けて流れた清流で育てられた富山米と、オリジナルの合わせ酢、桜色のますの相性が絶妙な押しすしで、丸い木の器の中に入っているので、ケーキのように切り分けて頂きます。

青竹ではさんである器の蓋を開けると、国産のみずみずしい胸のすくような笹の香りが。

そして、笹を開くと、きれいな桜色のますに覆われた押しすしが姿を表します。

酢飯とますがしっくりとなじんでいて、適度な脂加減で、切り分けて食べ進むうちに、あっという間にすぐ半分はなくなってしまいます。

富山県中央部を流れる神通川を、かつては大量のサクラマスが遡上したことから、このますのすしは富山の名物となり、現在では富山市内に30社ほどのますのすし会社があるそうです。

旅行中の車内で食べるのはもちろんのこと、お土産にしてもよろこばれる品です。

■ますのすし本舗 源 「ますのすし」

住所:富山県富山市南央町37-6(本社)
電話番号:076-429-7400
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
購入可能な場所:www.minamoto.co.jp/04_shopintro.html
HP:www.minamoto.co.jp/01_catalog.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。