「郷土料理100選」にも選ばれた深川名物

 

 

東京の深川の名物料理である「深川めし」が駅弁として、東京駅などで販売されています。気の短い江戸っ子の漁師が、手軽に食べるために考え出された炊き込みご飯です。

「深川めし」は、元々はアサリのすまし汁をご飯にかけただけの簡単レシピでした。ご飯だけでは味気ないですが、これにアサリの味がうっすらと加わると簡単ではあっても、仄かな味わいが生まれます。

古くはアサリではなく、深川界隈で大量に獲れたアオヤギの一種、バカガイを使っていましたが、明治時代、大正時代からアサリを使うようになりました。今では、様々なレシピが考えられ、ざっくりと切った葱に生のアサリを加え、じっくりと味噌で煮込んだスープを熱いご飯にぶっかけるのが一般的です。

農林水産省が選定する「郷土料理100選」の一つに選ばれています。駅弁として改良されたわけではありませんが、深川の名物料理として、数ある駅弁の仲間入りを果たしたようです。
 

 


ぶっかけご飯の上には、江戸前の魚介類が乗っかり、江戸っ子漁師の気分が味わえます。豪華な食材を使っているわけではなく、見た目にも素朴なものですが、シンプルな味わいがあります。

東京から各地に向かう旅行の最初の食事や、東京観光を終えて自宅に戻る旅路の最後の食事として利用できます。

■JRCP(ジェイアール東海パッセンジャーズ) 深川めし
住所:東京都中央区日本橋3-1-17
電話番号:03-3273-2941
料金:880円
購入可能な場所:東海道新幹線 東京駅・品川駅・新横浜駅の弁当売店
HP:www.jr-cp.co.jp/products/details.php

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。