4つのポイントをおさえると、カレーの美味しさがぐんとアップ!

 

 カレーが美味しくなるはちみつ、炒め玉ねぎ、トマトジュース

 

 美味しいカレーの出来上がり!


これを入れれば、不思議とカレーが美味しくなる定番のアイテムです!

必要なもの

  1. 炒め玉ねぎ
  2. トマトジュース(無添加)
  3. カレールー(お好みで3種類ほど)
  4. はちみつ(なんでも美味しくなる魔法の調味料)

ポイント

【1】炒め玉ねぎ
カレーは2日目のほうが美味しかったりしますが、つまりは「コク」が必要だと思います。そのコクを出すために、大きな味方になってくれるのが「炒め玉ねぎ」です。長時間弱火で丁寧に炒めたみじん切りの玉ねぎは、甘味とコクがあってカレーをぐんと美味しくしますが、アウトドア料理でこれをやるのは大変。ここは手抜きをして市販の「炒め玉ねぎ」を多めに持っていきましょう。

【2】トマトジュース
水の代わりにトマトジュースを使うと、水っぽさがなくなり味に深みがでます。無添加で食塩無添加のトマトジュースを、カレーを作る分量だけ用意しましょう。

【3】カレールー
カレールーは、お好みですが、数種類混ぜて使ったほうが味に深みがでます。辛口、甘口、インドカレーの素などいくつか混ぜて作りましょう。お好みでグラムマサラを仕上げに振ると、香りが高くなります

【4】はちみつ
そして隠し味に使うと何でも美味しくなるのが「はちみつ」。最後の仕上げに入れるとぐっと美味しくなります。にんにく嫌いの人がいなければ、にんにくのすりおろしを入れても味にコクがでます。

このポイントをすべてやると、かなりおいしく仕上がるので、おすすめです!


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。