全国菓子観光博覧会で名誉大金賞を受賞

 

 

尾張名古屋は城でもつと言われる名古屋城のシンボルは、何と言っても金のシャチホコです。「金シャチまんじゅう」は名古屋城のシンボルを模った、名古屋ならではのお土産です。

「金シャチまんじゅう」を作っているのは、1907(明治40)年に御園町に開業した鯱もなか本店です。

「金シャチまんじゅう」は、1921(大正10)年に、かつて名古屋城の天守閣の上にあった金の鯱を模って、苦心研究を重ねた結果、産み出されたまんじゅうです。長い年月にわたって、名古屋の土産の定番としての地位を維持し続けています。

その実績は、全国菓子観光博覧会での名誉大金賞の受賞で証明され、名古屋市観光土産品協会推薦品にリストアップされています。まんじゅうは、柔らかいつぶあん入りのカステラまんじゅうとなっています。しっとりとした生地に、上品な甘さが漂うつぶあんが詰め込まれ、親しみやすい味わいをもちます。

5個入りサイズは、かわいらしい金シャチのオリジナルバッグに入っており、お土産を渡した人の表情がほころびます。また、鯱もなか本店は他にも、「手作り鯱もなか」、「金しゃちパイ」、「鯱フレンド(サブレー)」などの土産物も作っています。

■金シャチまんじゅう

製造:鯱もなか本店
住所:愛知県名古屋市中区松原2-4-8
電話:052-321-1173
価格:10個入 1207円
購入可能場所:名古屋駅や空港などのお土産ショップ
HP:shachimonaka.com/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。