黄門様はキレイ好き?日本のトイレ変遷史」でも、日本のトイレの歴史をご覧いただきましたが、今回は、「昭和」を感じる懐かしい和式便所や現代の最新トイレまでの変遷を、展示ブースでご覧いただきましょう。

「懐かしい!」という声が聞こえてきそうな昭和のトイレ

板間の汲み取り式。昭和30年代の和式便所
和式便所
便器の中から臭いが直接あがってくるので、木製のふたで閉めていました。
昭和30年代は、汲み取り式の和式便器が主流でした。窓にはねじ回し風の鍵、ゴミを外に掃き出すための掃き出し窓があります。トイレットペーパーはロール式ではなく、B5サイズ程度の四角いちり紙を箱に入れて使っていました。

外からハエなどの虫が入ってくるので、誘引剤が付いたハエ取り紙を天井や鴨居からつるし捕獲していました。また、トイレで手を洗う時は、軒下につるされた手水(ちょうず)を使用していました。手水は、大正~昭和にかけて使われたもので、素材は陶器、ブリキ、ホーロー製のものが一般的に使われていましたが、壊れやすく耐久性がないため、当時のものはほとんど残っていません。写真の手水は銅製のものです。

便所全体 手水
トイレは「臭くて汚い」として、家の中で一番端にありました。

全体的にデコラティブな昭和60年代のトイレ
デコラティブ
レバーは、「大」のみ。流すための水量は13リットルで、現在の最新型の倍以上でした。
昭和60年頃から水洗式のトイレが広く普及し、多くの家庭でトイレを飾りはじめたのがこの頃です。壁紙の主流は花柄やベージュ系。便座とペーパーホルダーには布製のカバーをかけ、同じくスリッパも布製のものを使う、という家庭が多かったですね。手洗い器は造花などで飾り、壁には芳香剤が掛けられていました。


トイレから「レストルーム」へ。現代のトイレ
レストルーム
洗練された印象に加え、お掃除も簡単で楽々。流すための水量は、エコにもお財布にも優しい5.5リットル。
シンプルな壁紙や統一感のある色使いで、全体にスタイリッシュな印象の最新トイレ。用を足すだけの場所から、「レストルーム」へと変わってきました。ウォシュレット用リモコンは壁に設置され手洗い器も独立しているので、トイレ内はすっきり。掃除もしやすく、「トイレはキレイに保ちたいけど掃除に時間はかけたくない」という忙しい現代人のライフスタイルにあっていますね。


次にトイレの音やにおいの変遷がわかる展示ブースをご紹介しましょう。>次ページへ