A.硬い人向けの太もも表側ストレッチ

A-1

A-1 上体をやや後ろに倒し、自然に座ります。

1.両手をカラダの後ろにつき、両足を伸ばして座ります。

 
A-2

A-2 足首は、曲げても伸ばしてもOK。

2.片足をお尻側に曲げます。

 
A-3

A-3 股関節やももを気持ちよくストレッチしましょう。

3.曲げた足の膝を床につけるようにし、腰を伸ばした足の方にひねります。

手で曲げた足のももを触ると、ストレッチしたい箇所に意識を持っていくことができます。

 

B.身体の傾きを変えてもOK

B-1

B-1 両肘下を床につけた状態。

1.余裕がある人は、負荷を上げてみましょう。両肘下を床につけてみます。

 
C-1

B-2 仰向け

2.さらに負荷が上がります。背中を床につけ、仰向けに。

 
今の自分のレベルと主観(痛気持ちいい感覚)に合わせて行いましょう。身体の硬い人が欲張って無理をしても、一気にゆるめられるわけではありませんし、痛さを強く感じても効果が高いわけではありません。気持ちよく行えるものこそ、あなたの身体にとっての正解です。

C.一晩で太ももほっそりストレッチ

C-1

C-1 仰向け

1.上記B仰向けの状態から。

 
C-2

C-2 伸ばしていた足の膝を立たせます。

2.伸ばしている側の膝を立たせます。身体は自然に持ち上げた足側に傾きます。動きの流れに身を任せましょう。

※この時点でストレッチされている感覚があれば、このまま味わいます。

 
C-3

C-3 立たせた膝を少しだけ引き寄せます。

3.立たせた膝を少しだけ上体の方に引き寄せます。

表側のももの筋肉がじんわりストレッチされる強さで行ってください。




いかがですか? 気持ちよくストレッチできると、太ももはポカポカし、立ったときに腰が軽く感じるでしょう。ももの表側の盛り上がりが減ると、横から見たもものシルエットがほっそりきれいになりますよ。翌日の変化を楽しみながら、続けてみてください。

【関連ページ】 【関連サイト】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。