論理障害なら手を打てる場合あり、物理障害なら修理へ

 

 

 

 

 

 

ハードディスクが認識されない場合、原因は大別して物理障害と論理障害に分かれます。

物理障害はHDDの中の部品が故障しているということなので、ほとんどの場合一般個人でのデータ復旧は不可能で、メーカーのサポートに連絡するか、PCショップの修理サービス、データ復旧専門業者に依頼する必要があります。

故障の程度によっては業者に依頼しても成功するとは限らない上非常に高額になる可能性もあります。診断・見積もりは無料や格安のところが多いので状況をよく考慮した上で依頼します。

物理障害は直前にカタカタ異音がしたり、異臭がする等いくつか特徴があります。これらの症状が出たらPCの電源は入れず速やかに修理に出した方がいいです。

論理障害は記録データやシステムファイルが破損していたり、パーティションを削除してしまった時に起こり、場合によっては個人でもデータの復旧が可能です。

まず電源周り、ケーブル関係に問題がないかチェックします。次にデバイスマネージャー・マイコンピュータ上にHDDが正常に表示されるか見ます。

表示されないなら、スタート→マイコンピュータを右クリック→管理をクリック→ディスクの管理 ここで全てのドライブが認識されていれば論理障害の可能性が高まります。

ディスクの説明欄に「未割り当て」と表示されればパーティション管理ソフトで正常時のパーティションを復元できる可能性があります。

例えば定番の「Partition Wizard Home Edition」等を使ってみます。使用法は難しくなく利用者が多いソフトなので検索してみて下さい。結果「未割り当て」表記が「正常」表記になれば復旧成功です。

さらに、同画面上でドライブ名の右にドライブ文字が表示されない場合があります。この時はその枠内で右クリックし「ドライブ文字とパスの変更」をクリック→追加をクリック→他のドライブとかぶらない様にアルファベットを選択しOKクリック

成功していればマイコンピュータにドライブが正常に表示されているはずです。マイコンピュータからドライブをダブルクリックで開けるかチェックします。問題なければ速やかにデータを救出します。

二つの障害は症状が似ているものもあり問題の切り分けが難しい場合が多々あります。経験上個人的には、余程自信がない限り無理せず業者の診断等に委ねた方が確実だと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。