評価の高いフリーツールを使用した「完全消去」法

 

 

 

 

完全に消去するには、意味のないデータの上書き+フォーマットの繰り返しが一番です。

思われがちな誤り

リカバリーディスクでパソコンを出荷時の状態に戻す、フォルダやファイルを削除(ごみ箱)してごみ箱の中身を空にするだけでデータが「削除」されたと思われがちですが、人間の目には「消去」されていますがコンピュータからは「消去」したことにはなっていません。消去したつもりのデータは何らかのデータで上書きされない限りハードディスク上に残っています。

一般的にハードディスク上のデータを完全削除するには、意味のないデータを数回書き込んで、さらにそれをフォーマットすることです。今回は評価の高いフリーのソフトウェア「File Shredder」を使用した消去方法を紹介します。

■File Shredderの使い方
以下からFile Shredderをダウンロードし、インストールします。
リンク(※海外サイト):http://www.kakasoft.com/file-shredder/

■削除方法(アルゴリズム)について
以下の4つが選択できます。
  1. Simple One Pass:1回上書き
  2. DOD 5220.22-M:米国国防総省 Dod 5220.22-M 方式(3回上書き)
  3. Secure erasing algorithm with 7 pass:セキュア方式(7回上書き)
  4. Gutmann algorithm 35 passes:グートマン方式(35回上書き)

■ファイル/フォルダの完全削除
  1. 復元不可能に削除したいフォルダ/ファイルを、画面にドラッグ&ドロップする(「+Add File(s)」からも可)。
  2. 「Start」ボタンをクリックし、抹消処理を開始。

■ドライブごと完全消去
  1. 消去したいHDDのフォーマットを行う(WindowsOSの標準機能)。
  2. FileShredderを起動し、「Shred Free Disk Space」をクリック。
  3. 消去したいドライブにチェックを入れ、消去方式を選択する(初期状態では、[DoD 5220.22-M]が選択されている)。
  4. [Next]をクリックすると消去が開始される。

簡単な方法で消去可能なので使用してみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。