雄大な玄界灘を望むレストランや浴場も

 

 

九州でも屈指の名門ゴルフクラブとして知られているのが「芥屋ゴルフ倶楽部」です。福岡県の西の糸島市というところにあり、毎年8月に男子ゴルフツアーのKBCオーガスタが行われるゴルフコースでもあります。

真っ青な海や芥屋の大門を望みながらまわる「大門コース」と、正面に糸島富士という山を見ながらまわる「小富士コース」とで構成されています。

海沿いのため風が強く、高麗グリーンが使われており、コース幅が狭いところやトリッキーなコースが多いため、なかなかよいスコアを出すことができない難関コースです。

また、プレーの合間には玄界灘のパノラマの景色が望めるレストランで、芥屋ゴルフ倶楽部の名物となっている鯛茶漬けをどうぞ。限界の海で捕れた天然の鯛を使用しており、弾力のある歯ごたえと鯛の甘みがたまりません。どんなに疲れていてもサラサラといただけます。この鯛茶はお土産として持ち帰ることもできますよ。

さらに、プレー後に雄大な玄界灘を望みながら入るお風呂も最高です。

こちらの芥屋ゴルフ倶楽部は、西九州自動車道の前原インターを下車して15分ほどの場所にあります。近隣には観光名所も多いので、プレー後には観光も良いかもしれません。

■芥屋ゴルフ倶楽部
住所:福岡県糸島市志摩芥屋1-1
電話:092-327-1500
公式HP:http://www.keyagc.co.jp/index.html

※データは記事公開時点の情報です


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。