寝袋が汚れてくると中綿のかさがなくなり、暖かさを感じなくなってきます。なんとなくペタンとしてきたらお洗濯をおすすめします。

手洗い派と洗濯機派に分かれますが、痛みが少ないのはもちろん手洗い、お手軽なのは洗濯機となります。我が家では洗濯機を使用しています。
寝袋を洗う場合

寝袋を洗う場合、手洗い派と洗濯機派に分かれますが、痛みが少ないのはもちろん手洗い、お手軽なのは洗濯機となります


寝袋の中が「ダウン」の場合の洗い方

ダウンには暖かさを保つ油分が含まれているので、これを落とさないようダウン用の洗剤を使用します。我が家で使用しているのはNIKWAXのLOFTダウンウォッシュ。エルブレスやスポーツオーソリティなどの大手スポーツ用品店にも置いてあるので購入しやすいと思います(1本で寝袋2つ分洗うことができます)。

  1. まず、洗えるものかどうか、洗濯表示を確認します。
  2. 襟元など、部分的に汚れている箇所に洗剤を付け、あらかじめもみ洗いします。
  3. 寝袋のファスナーは全部閉めます。丸めて洗濯ネットに入れ、洗濯機へ(寝袋が浮いてくるので、しっかり水に漬けます)。
  4. 洗剤を表示量に従って投入(NIKWAX LOFT ダウンウォッシュの場合はキャップ3杯)。よく水に溶かします。手洗いモードまたは通常モードでスイッチオン。
  5. 脱水の時に寝袋が片寄っていると大変危険なので、一時停止をしてチェック。均一になるよう寝袋の位置を直し、再スタートします。
  6. 洗濯が終了したら乾燥機にかけます。低温に設定できるものであれば低温で。我が家の乾燥機は温度設定できないので、少ない時間でタイマーをかけ、様子を見ながら繰り返し乾燥しています(コインランドリーの乾燥機でも良いですし、浴室乾燥機でも良いと思います)。
  7. ある程度乾いたらファスナーを開け、広げて風通しの良いところで陰干しします。中綿が1ヵ所に寄っているようであれば、ほぐしたり、軽くたたいたりして形を整えます。表面が乾いていても、中が湿っているので、完全に乾くまで1週間ぐらい干します。扇風機で風を当てると乾きやすく、ふんわりするような気がします。

寝袋の中が「化繊」の場合の洗い方

  • 洗剤は中性洗剤でOKです(液体が良いでしょう)。
  • 1~5、7はダウンと同じです。
  • 6→化繊綿の寝袋は乾燥機にかけられません。タオルで水分を十分に取ってから干します。
■手洗いの方法は下記HPがとても参考になります。
http://bit.ly/7Upkuq(モンベルホームページ内)




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。