「パエリア」は簡単なのに豪華に見える、大人数にも対応可能、しかも美味しい!

 

 カレーパエリア

簡単なのに豪華に見える、大人数にも対応可能、しかも美味しい! 三拍子揃った「ダッチオーブンで作るパエリア」はキャンプにおすすめです。

ダッチオーブンは上からも火が通るため、フライパンやホットプレートで作るよりも、短時間で仕上がります。

我が家では、高いサフランの代わりにカレー粉を使います。

材料と作り方

  1. 基本の材料はお米と水。米1合に対し、水100ccの割合で用意します。キャンプでは無洗米が便利です。無洗米を使うときは、水は少し多めで。
  2. 野菜を切ります。ニンニクをみじん切り、タマネギは櫛形切り、ピーマンは短冊切り。パプリカやプチトマトもあれば、彩りがきれいです。
  3. 魚介類の下準備をします。アサリは塩水につけて砂を吐かせ、こすり洗いしておきます。ホタテでも代用可能。イカは皮をむいて輪切りに。有頭エビはそのままでも。時間がないときや面倒なときは、冷凍シーフードミックスを使ってもかまいません。鶏肉やソーセージも入れると、味に深みが増します。
  4. ダッチオーブンを炭火にかけ、熱くなってきたところでオリーブオイルを入れます。ニンニク→タマネギ→イカ→ピーマンの順に炒めて、塩コショウとカレー粉で味付けし、具に火が通ったら、米→水→アサリ・エビを投入します。
  5. フタを閉め、フタの上にも炭火を置いて待つこと十数分。お米の炊き加減をみながら加熱を調整し、最後にフタを外して水分を飛ばします。

ポイント

  • お米と水の割合の鉄則さえ守れば、具材の量や種類を多少アレンジしても、だいたい失敗なく仕上がります。屋外料理ですから、ワイルドにいきましょう。
  • 魚介類からダシが出ますので、味付けは塩コショウ・カレー粉でも十分ですが、物足りなければコンソメをプラス。市販のカレールーなどを使えば、さらに簡単です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。