お子さんでも大人でも食べやすいやさしい味付け

 

 冬瓜と蟹の冷製スープ


冷え性のため、身体を冷やす冷たい飲み物・食べ物は基本あまり摂取しないように心掛けていますが……。段々暑くなってくると、なかなかそうも言っていられません!

そんな時、無性に食べたくなるのが「冬瓜と蟹の冷製スープ」です。このレシピは母から教わったもので、我が家の夏には欠かせない一品となっております。

冬瓜はビタミンCが豊富なので、内からの美白にも効果てき面。体内の熱を取り除く効果もあるとのことので、夏バテ予防にも良さそう。そして低カロリーなのでダイエットにも良いそうです。

材料(2~3人分)

  • 冬瓜(小1個) ※大なら半個
  • 出汁(1000cc/カップ5)
  • 塩(小さじ1/3~お好み)
  • みりん(小さじ1)
  • 生姜(2ミリ程度の千切りを1片分)
  • カニ缶(100g程度/1缶)
  • ★片栗粉(大さじ1)・水(50cc)

作り方

  1. 冬瓜は種をとり、皮を厚めにむいて下処理します(※薄い緑の部分は残さないように皮をむきましょう)
  2. 冬瓜を5センチくらいの1口大に切り、たっぷりの水で30分程度茹でてざるにあげます(※冬瓜がやや透明になるように茹でてください。一度沸騰させてからから弱火にします)
  3. 鍋に出汁・塩を入れ、煮立たせてから弱火にし、2.の冬瓜を入れて10分程度火にかけます。その後火を止め、しっかりと冷まします(※アクはこまめにとりましょう)
  4. 3.の鍋を再度火にかけて、弱火でふつふつとしてきたら、生姜・みりん・カニ缶を入れて5分程度火にかけます(※カニ缶の汁を入れるとスープが濁るので、ほぐし身だけ入れます。余りかき混ぜると、スープが濁るので軽く混ぜる程度にします)
  5. 4.に★の材料を入れてとろみをつけます。5分程度しっかり火を通してから、火を止めて粗熱を取り、保存容器に入れて冷蔵庫で冷やします(※しっかりと火を通さないと、冷やした時にとろみがなくなってしまいます)


冬瓜はそのままでは味がほぼありませんので、スープの味にかなり左右されます。しっかり出汁をとっても良し、顆粒の出汁の素を使っても良しですが、余り塩を多く、味付けを濃いめにし過ぎると美味しくありません。

とにかく、手間を惜しまず丁寧に作るのがこの料理のコツです。

お子さんでも大人でも食べやすい味付けですので、この夏に、是非作って頂きたい1品です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。