紙コップロケット

 

 

 

 

 

 

紙コップをロケットに見立て、輪ゴムの力でびょーんと飛ばすロケットです。見た目の割にはそんなに難しくないですよ。

材料・道具

  • 紙コップ
  • 輪ゴム(2本)
  • ホッチキス
  • 牛乳パック(厚紙でもOK)
  • トイレットペーパーの芯
  • テープ

作り方

  1. 紙コップの縁に写真2枚目のように4つ切り込みを入れ、輪ゴムをかけます。内側で輪ゴムが十字になるようにします。
  2. トイレットペーパーの芯に1cm間隔に切込みを入れて谷折りにし、牛乳パックなどの土台に貼り付けます。
  3. 牛乳パックまたは厚紙を半円と台形に切り抜きます。半円のほうは円錐状にして紙コップの底の部分に貼り付けます。台形のほうは真ん中で半分に切り、折り曲げてホッチキスで留め、ロケットの羽にします(写真3枚目を参考に)。
  4. これで出来上がり。折り紙をボンドで貼り付けたり、アクリル絵の具で色を塗ったり、アルミホイルで包んでみたりしてもいいと思います。トイレットペーパーの芯の上に輪ゴムが乗るようにしてグッと押さえて、ぽんと離せばロケットがぴょーんと飛びますよ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。