外国人住宅の中では、最大級の規模

undefined

ベーリックホール 

ベーリックホールは、横浜市の山手本通りに面して広がる元町公園の一角に、「エリスマン邸」と向かい合って建つ洋館です。イギリス人貿易商のバートラム・ロバート・ベリックの私邸として、1930(昭和5)年に建てられました。

第二次世界大戦前までは個人の邸宅として利用されましたが、1956(昭和31)年に宗教法人のカトリック・マリア会に寄付され、2000(平成12)年までは、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として活用されました。横浜市山手に現存する外国人住宅の中では、最大級の規模をもっています。

undefined

 

建物を設計したのは、アメリカ人建築家のJ.H.モーガンです。600坪の広大な敷地に立つ建物は、スパニッシュスタイルを基調とし、玄関には3連のアーチが施されています。クワットレフォイルと呼ばれる小窓には、イスラムの様式が採用され、瓦屋根の端には煙突が立ち、多彩な装飾が施されています。

undefined

 

内部には、暖炉を備えた広いリビングやパームルーム、和風の食堂が残されています。子ども部屋には小さなベッドが置かれ、小さな子どもの笑い声が聞こえてきそうです。

■ベーリックホール
住所:神奈川県横浜市中区山手町72
電話番号:045-663-5685
料金:無料
営業時間:<通常>9:30~17:00,<7・8月>9:30~18:00
定休日:毎月第2水曜日(祝日は開館し翌日休館),年末年始(12/29~1/3)
公式HP:http://www2.yamate-seiyoukan.org/seiyoukan_details/Berrick/

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。