世界各地の100点を超える遺跡・建築物を1/25規模のミニチュアで展示

 

 

「世界一周の旅を一日で!」というコンセプトのもと、1993年に開園した東武ワールドスクウェア。
中国の万里の長城、エジプトのピラミッド、フランスの凱旋門、スペインのサグラダ・ファミリアなどなど、世界各地の100点を超える遺跡・建築物を1/25規模の精巧なミニチュアで展示しているテーマパークです。

屋外施設ですので、わざわざ好き好んで雨の日に出かける必要もないのですが、園内を自分のペースでゆっくりと見て回るところですので、傘をさして歩いても邪魔になるようなことはありません。
出入り口近くにある、レストランと土産物店が建ち並ぶコーナーは、天候に関係なく楽しめるよう大きなアーケードになっています。
また、園内にほとんど日陰がありませんので、夏場などは雨の日のほうが体力を消耗せずにすみます。
 

 

こちらは人によって、はっきりと好き嫌いが分かれる施設です。
建築マニア・模型マニア・写真マニアの方であれば一日いても飽きないでしょうが、アトラクションに乗るわけでもないのに入園料が高すぎる! という方ももちろんおられます。
建物一つにつき、実際に人が住める一般的な戸建て住宅よりもずっと高い費用が掛かっているとのことですので、入園料が高いのは仕方ないと思うのですが……。

ところで、「どうせ行くなら、お得な料金で」という方のために、裏技を。
東武鉄道の株主優待券がインターネットのオークションや金券ショップに出回っています。
こういった優待割引券を利用すれば、大人2500円のところ1500円・小人1200円のところ700円と半額に近い料金で入場できますので、ぜひ事前に手に入れておくことをお勧めします。

浮いたお金で、近くにある鬼怒川温泉の日帰り入浴が楽しめますよ。

■東武ワールドスクウェア

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
電話番号:0288-77-1055
料金:大人 2500円、小人 1200円、3歳以下 無料
営業時間:9:00~17:00(夏季)、9:30~16:00(冬季)
アクセス:www.tobuws.co.jp/access/car/
HP:www.tobuws.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。