こんにゃくを手でちぎるのが、味がしみこむポイント

 

 

牛すじとこんにゃくを、味噌を使って土手焼き風に煮込むと、こんにゃくにもしっかり味がしみこんでおいしくいただけます。ご飯に乗せて丼にしてもおいしいですよ。

材料

(1)
  • 牛すじ 150g
  • こんにゃく 1丁
(2)
  • 出汁 2カップ
  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • おろし生姜 小さじ1
(3)
  • 白味噌 大さじ2

作り方

  1. 牛すじは、切らずにそのままゆでこぼし、アクと臭みをとります。その後、一口大に切ります。
  2. こんにゃくは、一口大に、手でちぎります。牛すじとおなじように、ゆでこぼしてアクと臭みをとります。
  3. 牛すじとこんにゃくを鍋に入れ、ひたひたになるぐらいに出汁を入れて中火でひと煮立ちさせ、弱火にします。
  4. 出汁がしみこみ、牛すじがやわらかくなるまで15分ほど煮こみます。適時アク取りをします。もし、出汁が減って牛すじやこんにゃくが露出し過ぎたら、お湯を足します。
  5. 材料(2)の調味料を全て入れ、さらに15分ほど煮こみます。
  6. 牛すじがやわらかくなり、こんにゃくに味がしみこんだら、材料(3)の味噌を入れます。味噌の量はあくまでも目安ですので、味噌の種類と好みに合わせて、味を確認しながら少しずつ味噌を入れて行きます。
  7. 中火にしてさっとひと煮立ちさせます。鍋に蓋をして余熱で味噌の味をしみこませます。あまり時間をかけて煮込むと、味噌がからくなります。
  8. 鉢に盛り分け、好みで刻みねぎと七味唐辛子をかけていただきます。ご飯にのせて煮汁をかけ、丼にしてもおいしくいただけます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。