皮はパリッと、中はジューシーな鶏肉を食べることができる

 

 鶏もも肉のグリル

 

 グリルで鶏もも肉を焼き上げたところ


鶏のもも肉をフライパンで焼くと、キッチンペーパーで油を取ったりしなくてはいけません。魚焼きグリルを使うと、余分な脂は取れて、皮はパリパリ。手間なしでできるので助かります。

材料

  • 鶏もも肉 2枚(400g程度)
  • 味しおこしょう 適宜(2枚で小さじ1/2程度)
  • クレイジーソルト 適宜(2枚で小さじ1/2程度)
  • おろしわさび 少々
  • だし醤油 適宜

作り方

  1. 鶏もも肉は、フォークで皮目を刺しておく
  2. 味しおこしょう、クレイジーソルトを両面にすりこませておく
  3. 魚焼きグリルに皮を上にして両面焼き、9分で加熱する(※皮がきつね色になるまでが目安)
  4. 適当な大きさにカットし、ベビーリーフと酢たまねぎを盛ったお皿に盛りつける

わさび醤油(今回はわさびにだし醤油)でどうぞ。わさびのピリッとした味が鶏肉に合います。

焼き具合は、皮がパリッときつね色になった時点。中はちょうど火が通ったギリギリ、ちょっと赤みが残っているくらいが私はおいしいです。

カットしてしまうと食べやすいのですが、肉汁が外に出てしまいます。もし気になるようなら1人分ずつ1枚ごと盛りつけてナイフとフォークで格闘しつつ食べてみてください。皮はパリッと、中はジューシーな鶏肉を食べることができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。