LAN接続ハードディスク HDL-A2.0S

 

 

 

 

IO DATAのネットワークハードディスクです。約90MB/Sの超高速ファイルアクセスがウリのようですが、確かに手持ちのHDL-CESより転送速度は速いと感じます。

パソコン内のデータのオートバックアップ機能(ソフトのダウンロードが必要)やスマートフォンのストレージとして使える機能などもありますが、我が家においての最大の利点はDLNAサーバとして使いやすいこと!

このハードディスクに撮り溜めたp写真やビデオを保存しておけば、パソコンだけでなくクライアント対応しているipod-touchやPlayStation3からでも閲覧が可能になるので便利です。個人的に嬉しいのは容量を気にせずipod-touchで音楽が楽しめること。大量にある手持ちのCDをちょっとずつデータ化して寝る前の音楽タイムに活用中です。

同じネットワークハードディスクであるHDL-CESではDLNAサーバ機能がないのでメディアサーバ化には不向きでしたがこのハードディスクを導入することで使い道が広がりました。値段的にはちょっと高いですが、その価値は十分にあると思います。

■HDL-A2.0S
URL:http://www.iodata.jp/product/hdd/lanhdd/hdl-as/



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。