モノトーンで統一し、クローゼットもすっきり

 

 

主人よりも私の方が物作りが好きなので色々な工具を持っています。普段使いの工具とマニアックな工具が主人にも一目でわかるように細かく分別しています。

以前は気に入ったお菓子の缶などを使って収納していましたが、色柄やサイズに統一感がないのと、普段使わない物だとどこにしまったのかわからなくなってしまい片っ端から箱を開けることになっていました。

これは100円ショップの物ですが同じケースで揃えたことでクローゼット内がすっきり片付いて見えます。また、ラベルも自作したので中に何が入っているかすぐわかります。全てをモノトーンで統一させることができたので満足しています。

100円ショップのマルチケースを活用

undefined

 

蓋と本体は蛍光ピンクと蛍光黄緑の留め具で固定できるようになっていました。しかし、モノトーンで統一させたかったのであまりにも目立つその留め具を手で引っ張ったところ簡単に外れたので全部外しました。

蓋は本体に載っているだけですが元々はコンテナ仕様なので積み重ねることができます。屋外や長距離を持ち歩くわけではないのでストッパーがなくても問題はありません。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。