レクリエーション名

ちょうちん

必要な道具

とくに必要なし

ルールや魅力などの説明

リーダーの人が順番に「小さいちょうちん」「長いちょうちん」などと自分もジェスチャーしながら言っていくので、周りの人は間違えないようにポーズをとらなければならない

リーダーの人が順番に「小さいちょうちん」「長いちょうちん」などと自分もジェスチャーしながら言っていくので、周りの人は間違えないようにポーズをとらなければならない


キャンプファイヤーでやるとかなり盛り上がるゲームが「ちょうちん」ゲームです。

まずこのゲームを始める前に、4つの形を覚えなければなりません。

「大きいちょうちん」と言ったら、両手を広げて、大きなちょうちんを抱えているようなジェスチャーをします。

「小さなちょうちん」と言ったら、手の幅を狭めて、目の前に小さなちょうちんを持っているようなジェスチャーをします。

次に「長いちょうちん」と言ったら、手を上下に広げて長いちょうちんを抱えているようなジェスチャーをし、「短いちょうちん」と言ったら、上下の幅を狭めて短いちょうちんを持っているようなジェスチャーをします。

この4つのポーズが覚えられたら、ゲームスタートです。

リーダーの人が順番に「小さいちょうちん」「長いちょうちん」などと自分もジェスチャーしながら言っていくので、周りの人は間違えないようにポーズをとらなければなりません。

慣れてきたら、リーダーの人はわざといったちょうちんとは違うポーズをとりながらお題を出します。

必ずつられて間違ったポーズをとってしまう人がいるので、かなり盛り上がります。

是非お試し下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。