投資で勝つために必要なのは人間力

投資成功に必要な力を解説

投資成功に必要な力を解説

人はお金を増やそうとするときに、増やしてくれる銘柄や手法を自分の外側に求めがちです。どんなメンタルや行動様式が必要かという自分の振る舞い方にまで考えが至る人はわずかです。投資で必要なのは「人間力」ともいえるのです。

失敗して自分の未熟さに気が付く

だいたいの人が、投資で失敗をして、深く振り返ると、問題は自分にあったことを知らされるのです。だから、損をすることも失敗をすることも大事なわけで、そこから学び、再挑戦して、初めて一人前の投資家に育っていきます。本連載『大人のお金トレーニング講座』では、そんな心の持ち方や考え方をご案内していきます。

さて、人が投資に成功する能力として、どんなスキルが必要でしょうか?今回は、投資に必要な2つの「人間力」について取り上げます。

私は、普通の人がお金を増やすために必要なスキルはまず、次の2つだと考えています。

1.決める力
2.選ぶ力


この2つの力について具体的に解説していきます。

「決める力」の身に付け方

投資とは不確実な未来を前提としています。確実な未来などありません。もしあったとしたら、そこでお金を増やす機会は発見できないでしょう。不安があるから、リターンが得られるのです。

不安が好きな人はあまりいませんから、それを最小化したくて、時間をかけます。時間をかけることで、物事が成就する確率は高まります。不確実な未来が前提ですが、早く始めるほどに、投資が失敗する不確実性が無くなるというわけです。

そこで問題になるのは、投資の必要性に気が付いたときに、速やかに始める行動力です。投資を始めるときに、考えれば考えるほどに、「分からない」ということが分かってくるはずです。そこで、マーケットやチャートの読み方などについて、どんどん勉強をするようになりますが、しょせん不確実な未来を前提にしている以上、いくら勉強しても絶対的な正解には出会いません。

比較的な確実な方向性、普遍的と思える原則に賭けるくらいしかないのです。だからこそ、私たちは歴史を学ぶ必要があるのですが、勉強や準備も適当な所で見切りを付けて、決断して始めることが肝要なのです。

投資を始めるための勉強や、どれを買えばいいのかなど、迷うばかりでいつまでも投資を始められない人がいたら、それは投資に必要な第一のスキル「決める力」が欠けているに違いありません。慎重すぎる人の前に成功の女神は現れません。

では、決める力をつけるには、どんなトレーニングがあるでしょうか? それは、できるだけ小さなことから、約束ごとを作って、自分で履行していくことです。そして、約束を守る、計画を実行する、課題を乗り越える。そのことによる成果を手に入れて、小さな喜びを味わってください。

たとえば、

・毎朝あと10分早く起きる
・アルコール、タバコなどの最後の一本を控える
・1ページでよいから本を読む


やればできる自分の可能性に気が付いて、それを反復して拡大していいたらいいと思います。Yes,You can!ともいえます。

もし、決めてもできなかった場合には、そこから教訓を学べればいいのです。結果よりも、決めたことに挑戦した自分を承認する終わり方が大事です。

ただし、決める力ばかりで、他のスキルがない場合には、すぐに失敗してしまいます。以下に述べる「選ぶ力」も身につける必要があります。

「選ぶ力」の身に付け方

投資に失敗する人は、ほとんどが出会い頭に投資をしています。
想像もしていなかったウマい(ようにみえる)投資話に出会って、そのまま入れ込んでしまいます。こういう人は、選ぶ力がない以前に、選ぼうとする知恵がないのです。必ず、複数の選択肢の中から選ぶという習慣を身につけてください。

選ぶ力の一番大事なことは、まず選ぼうとすること。その次に、正しく比べて選ぶことが必要です。これは、比べる力、分析する力とも言い直すことができます。

投資で比べる力として、言い古された常套句があります。それは、「オレンジとリンゴを比べても意味がない」です。つまり、カテゴリーの違う相場や商品を比べて、優劣を付けても意味がないということです。

たとえば、年利15%で回るというヘッジファンドと年利10%で回っていた株式市場を比べても意味がありません。ヘッジファンドの15%は期待であり(酷にいえば希望的観測かもしれない)、株式市場の騰落率は実績だからです。それなのに、これだけ聞いて、ヘッジファンドを信頼してしまう人が多いのです。

比較するときには、カテゴリーだけではなくて、時期もそろえなければなりません。

たとえば、2013年の日本株の騰落率と20世紀後半の50年間の香港株式市場の騰落率を比べて、日本株の優位性を語っても無意味です。確かに、2013年に日本株は爆騰しましたが、それは20年ぶりであり、長期間のリターンで比較してみれば、圧倒的に香港市場のハンセン指数の方が勝っているのです(長期間のリターン:日経平均株価 4%、ハンセン指数 16%。1970年からの32年間から計算した年平均騰落率)。

まずは、事実をありのまま受け止める英知を身につけましょう。
そのために、どんな場面でも選択肢を意識する生活をすることを提案します。カレーライスにするかラーメンにするか?ジャズを聞くかロックを聞くか?ハワイに行くかカナダにいくか?

こんなところから、選ぶ力は養われるのです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。