冷たいものが多くなる夏の冷えにもお鍋感覚でいただける味噌煮込みうどん

 

 名古屋風の味噌煮込みうどん

関西にお嫁に来て、主人に教えてもらった東梅田駅にある「あまの」さんの味噌煮込みうどんを再現すべく季節を問わず食べています!

材料(2~3人分)

・うどん 2~3玉(冷凍うどんか歯ごたえのあるきしめんがおすすめ)
・鶏肉 一口大に切る
・かまぼこ 5mm幅程に切る
・油揚げ 15mm幅の短冊切り(太めが美味しい)
・えのき 食べやすいくらいに割く
・ねぎ 斜めに切る
→以上の材料は必須!

・きのこ類 一口大に切る、もしくは割く
・玉子
・もち
・ニラ 4~5cmに切る
→この辺の具はお好みで(あまり水分の多くないものがベター)

・酒 大さじ3
・赤だし味噌 大さじ4~
・みりん 大さじ2~
・顆粒だし

作り方

  1. お鍋に700mlほどの水と、顆粒だし(パッケージに記載されている分量)と酒を入れ、鶏肉を入れてから火にかける
  2. 煮立ったらあくを取り、鶏肉に火が通ったら、油揚げとかまぼこを入れ、再び煮立ったら味噌、みりんを入れ味を整える
  3. うどんを入れ、温まったらその他の具材を入れ、一煮立ちしたら完成!

ポイント

  • 味噌やみりんの分量はお好みで調節してください。お味噌汁よりもやや濃い目にすると程よくいくと思います。
  • お召し上がりの際は、七味唐辛子が合います。
  • もし手に入るなら、下ゆでしたモツや牡蠣などを入れても美味しいです。

寒い時期だけに限らず、これから冷たいものが多くなる夏の冷えにもお鍋感覚でお試しください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。