もちもちした生地で腹持ちのいい、おからのベジピザ

 

 夏野菜(ズッキーニ・トマト・茄子など)のピザ(トマトソース)

 

 ひじきとコーンとズッキーニのピザ(豆乳マヨソース)

 

 トマトと玉ねぎとチーズのピザ


ピザを作る時、おからを使ったら、発酵時間も要らないし、思い立ったらすぐ焼けるうえ、カロリーも減らすことができますよ。

材料(2枚分)

  • おから 150g
  • 薄力粉 100g(おからの水分に合わせて調節する)
  • 塩 小さじ1/2
  • 水 70cc(おからの水分に合わせて調節する)

作り方

  1. 生のおからと薄力粉と塩をボウルに入れて、手で揉むようにして馴染ませます。
  2. 全体が馴染んだらお水を入れて練ります。ベチャベチャにならないように水分量は調節してください。生地をまとめてラップして冷蔵庫で30分ほど馴染ませます。時間がない時は、すぐ使ってもいいですが、小麦粉料理は休ませると生地が扱い使いやすくなるので、少し休ませることをオススメします。
  3. 生地を取り出し、二等分します。天板にクッキングシートを敷き、手や麺棒でペタペタと円形状に広げて、お好みのソース、トッピングをしてください。
  4. 220℃に熱したオーブンで約15分焼きます。焦げ目がちょっとつくまで焼いてください。オーブンがない場合、フライパンで焼いてもできます。

生おからの場合、おからの水分量がそれぞれだと思うので、薄力粉、水を捏ねやすい感触になるように調節してください。おからの量が多いとモチモチに、小麦粉を増やすとクリスピー感が出ます。

我が家では主にベジピザを焼いています。もちもちした生地で腹持ちもよく、子供も野菜をたくさん食べてくれます。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。