国の名勝および国立公園に指定されている「鞆公園」

 

 

福山市内からおおよそ30分で到達できる「鞆の浦」は、沼隈半島の南端にある港町。その沿岸部と沖の島々一帯は「鞆公園」として国の名勝および国立公園に指定されています。

瀬戸内海の海流は「鞆の浦」を境にして潮の流れが逆転します。むかしは、沼隈半島沖の瀬戸内海を横断するには「鞆の浦」で潮流が変わるのを待たなければなりませんでした。

このような地理的条件から「鞆の浦」は、古代より潮待ちの港として知られていたのです。

「鞆の浦」の港町である鞆には、いまでも江戸時代中期から続く古い町並みが残ります。

そして、港には江戸時代の港湾施設の「常夜燈」、「雁木」、「波止場」、「焚場」、「船番所」が全て残っています。こうした歴史的な港湾施設が現存しているのは全国でも「鞆の浦」だけです。
 

 

「鞆の浦」には、鞆城跡、対潮楼、太田家住宅・朝宗亭、平野屋資料館、山中鹿之助首塚など歴史的に有名な史跡があります。

こうした史跡をめぐっていると、突然、江戸時代にタイムスリップしたかのような古い街並みの中に迷い込んでいます。

また、坂本龍馬と紀州藩の間で起きた海難事件である「いろは丸事件」は、「鞆の浦」の沖で起こったため、いろは丸展示館やいろは丸事件談判跡、坂本龍馬宿泊跡などの龍馬・幕末ファン必見の史跡もあります。

そして、「鞆の浦」の魅力は古い街並みや歴史的な名所だけではありません。青い海に浮かぶ島々では釣りや海水浴、そして、温泉もあります。

もちろん、真鯛をはじめ瀬戸内海の新鮮な魚介類を味わえる美味しいお店や鞆の街に調和したおしゃれなカフェが優しく迎えてくれます。

■鞆の浦
住所:〒720-0201 広島県福山市鞆町鞆416−1
電話番号:084-982-3200
アクセス:tomomonogatari.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/
HP:tomomonogatari.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。