力強い自然の息吹を感じられる鹿児島の象徴へ!

 

 

鹿児島の象徴ともいえる桜島。
桜島は車でぐるりと一周することができるので、間近に力強い自然の息吹を感じながらドライブを楽しむことができます。

桜島へ渡るには、鹿児島本港から錦江湾をフェリーで渡る方法と、錦江湾沿いの国道220号線を走って上陸する方法とあります。
私は、薩摩半島から向かったので、フェリーを使って桜島へ訪れました。
桜島フェリーは、24時間運航で 鹿児島市街と大隈半島を結びます。
所要時間は15分。
料金は、大人150円・小児80円。
自動車は、3m以上~4m未満 1070円。4m以上~5m未満は1480円です。
運賃の支払いは鹿児島港側では行わず、桜島側で行います。
時間帯によって運行本数は変わりますが、24時間営業でリーズナブルなので、週末は大盛況です。
他県ナンバーも数多く目に付き、帰りの際はフェリーに乗るのに少し渋滞していました。

桜島一周は島の南側の国道224号線側から回っても、北の県道からでもどちらでも回ることができます。
景色の荒々しいのは後者の道です。
途中にある黒神神社には、大正3(1914)年の大噴火の悲惨さを物語る埋没鳥居を見ることができます。
頭の部分だけ残して灰に埋まってしまった鳥居は、県の天然記念物でもあります。
島の西側には、桜島ビジターセンター・湯之平展望所・溶岩も見れる遊歩道と見所も多くあります。
溶岩道路を車で走って桜島をぐるっと一周。そのスケールを体感することができました!

鹿児島市街地からも気軽に訪れることができるので、桜島の優美さと荒々しさを間近で見てみてはいかがでしょうか。
ただし、大規模な降灰があった時は、灰が舞って運転中の視界は最悪です。
桜島の灰はサラサラしたパウダー状で滑りやすいので、急ハンドル・急ブレーキは極力なさらないようご注意くださいね。


■桜島フェリー

住所:〒891-1419 鹿児島市桜島横山町61-4(船舶局)
電話番号:099-293-2525
フェリー料金:大人 150円、小児80円
自動車フェリー料金:3m以上~4m未満 1070円、4m以上~5m未満 1480円
所要時間:約15分
アクセス:www.city.kagoshima.lg.jp/sakurajima-ferry/_44460.html
HP:www.city.kagoshima.lg.jp/sakurajima-ferry/

※国道224号線、県道26号線をたどると、ぐるりと桜島を一周できます。総距離約50キロ。

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。