広さも趣も異なる8棟の温泉を貸切で堪能

 

 

「二本の葦束」は由布院の新御三家といわれる人気の旅館。4500坪もの広大な敷地には、母屋と離れの客室がわずか10室。さらに、8棟ある温泉も全て貸り切り利用とプライベート重視。おこもり気分で過ごすことができます。

由布院には玉の湯、亀の井別荘、山荘無量塔の御三家と呼ばれる名旅館がありますが、「二本の葦束」はそれに続く新御三家として全国から観光客が集まっています。

空間、料理、心のこもったサービスなど、どれも「星3つ」なレベルですが、最大の魅力といえばプライベート時間を満喫できること。里山のような雰囲気の自然にあふれた敷地には10棟の客室がありますが、その全てが離れ&異なるしつらいという贅沢さ。各地から移築した歴史ある古民家や豪商の邸宅、なかには和洋折衷の洋館もあり、リピートしても飽きさせない趣向になっています。

さらに、ここの宿は温泉までも貸し切り。敷地にある8棟の浴室も雰囲気、広さとも全て趣きが異なり、自分好みの温泉を完全プライベートで堪能できます。なかでもおすすめなのが、竹林に囲まれた「竹林の湯」と大スケールの「大露天風呂」。少なくとも大人20人は入ることができる広々とした「大露天風呂」は眺めもよく、旅の疲れを癒すにはピッタリ。一方、「竹林の湯」は定員2名ほどの小さい露天風呂ですが、空気がきれいな午前中だと竹の香りをほのかに感じることができ、朝風呂におすすめです。

他のゲストと会うことがほとんどないので、とにかく自分のペースで、という人におすすめ。有名人もお忍びでよく訪れているそうです。

■おやど 二本の葦束
住所:大分県由布市湯布院町川北918-18
電話番号:0977-84-2664
アクセス:JR「由布院駅」からタクシーで約7分
公式HP:http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。