疲れた体を癒してくれるエメラルドグリーンの「白旗の湯」

 

 

日本屈指の温泉として知られる群馬県の草津温泉の、湯畑から立ち上る湯煙が館内に漂う老舗の温泉旅館です。創業は江戸時代にまで遡り、和風の伝統建築は、2012年に登録有形文化財に認定されました。

長い歴史を感じさせる純和風の伝統建築の中には、床柱が鈍く光り、付書院、欄間の精巧な細工、高い天井などをもつ、数奇屋造りの部屋には、しっとりとした落ち着きが漂います。窓の外には草津温泉名物の湯畑が湯煙をたなびかせ、昔ながらの温泉情緒を醸し出しています。

若山牧水は、この旅館に滞在し湯畑を眺めながら、「たぎり湧く草津のいで湯おほらかに湧きあふれつつ渓川となる」の歌を詠みました。

浴場には、草津温泉に湧き出す数ある源泉の中から、「白旗の湯」を引湯しています。白く濁りながらも、エメラルドグリーンの色合いが加わり、全身を柔らかく包み込んでくれます。総檜造りの浴場には自然の香りと感触が満ち溢れ、疲れた心と体を芯から癒してくれます。

内湯は、古くから「若鹿の湯」と呼ばれ、子宝が授かる湯と伝えられています。食事には、四季折々の地元の旬の食材をはじめ、厳選した素材を心を込めて料理しています。

旅館内部もさることながら旅館の周囲も、草津温泉の温泉街の中で最も歴史を感じさせるエリアとなっており、下駄をつっかけて散歩に出かけたくなります。

■山本館
住所:群馬県吾妻郡草津町草津404
電話番号:0279-88-3244
アクセス:yamamotokan.com/map_f.html
HP:yamamotokan.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。