津軽三味線のショーや自然と親しめるアクティビティも

 

 

奥入瀬渓流の自然を間近に感じながら過ごすことができ、「日常の疲れを癒し、精神的にリフレッシュしたい」という人には、「奥入瀬渓流ホテル」すばらしい環境だと思います。

私が利用したのは秋が深まる頃でした。散策に出かけようとしたとき、ドアマンが案内図を見せてくれ、「このあたりまで行くと、おそらく日没となりますので、無理せず気を付けてお戻りください」と声をかけてくれたのが印象的でした。

夕食はビュッフェを選びました。目の前でシェフが調理してくれますし、盛り付けが素晴らしく綺麗です。スタイルとしてはビュッフェなのですが、席について食べ始めると、レストランで食事しているような気分になりました。

夜には、窓から見える木々や川の流れがライトアップされます。私が宿泊した日は、津軽三味線のショーが行われていました。1部の途中から配券しましたが、あまりの迫力に魅せられてしまい、2部の演奏もしっかり堪能しました。

私は参加できなかったのですが、「自然観察会」や「昆虫の森ナイトツアー」など、奥入瀬渓流の自然と親しめるようなアクティビティも用意されているようです。

■奥入瀬渓流ホテル
住所:青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
電話番号:0176-74-2121
アクセス:JR八戸駅より無料シャトルバスで約1時間30分ほか
公式HP:http://www.oirase-keiryuu.jp/index.html

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。