「カーディガン着こなし(プロデューサー巻き)」進化系相次ぐ

カーディガン肩掛け

カーディガン肩掛け

便利な羽織り物の筆頭格がカーディガン。シワにならず、丸めてバッグに入る上、温度調節にももってこい。ジャケットとは違って、軽やかさやリラックス感も漂うから、着こなしにヌケ感を加えたいときも使えます。そんな万能カーディガンはアレンジ術も進化。海外ファッショニスタに多いのは、このように袖を通さない「肩掛け」スタイル。動くたびに腕がチラリと覗く様がフェミニンな風情。腕を部分的に隠すから、二の腕をカバーしつつ、華奢に見えるのもこの羽織り方のいいところです。


【CONTENTS】
Page 1:◆復活を果たした「プロデューサー巻き」
Page 2:◆「プロデューサー巻き」ベーシック版
Page 3:◆「プロデューサー巻き」エレガント版
Page 4:◆ストール風、腰巻き、斜め巻き


復活を果たした「プロデューサー巻き」

トレンドのネオンカラーカーデをアクセントに

トレンドのネオンカラーカーデをアクセントに
 

ざっくり編みニットをルーズに巻いてボリュームアップ

ざっくり編みニットをルーズに巻いてボリュームアップ
 

肩周りにボリュームが出て、小顔&脚細効果がさらに

肩周りにボリュームが出て、小顔&脚細効果がさらに

日本で大ブームを巻き起こしている「プロデューサー巻き」。袖を通さないで、肩に掛けて巻く着方です。80年代末~90年代初めのバブル期にはやった巻き方がいわゆる「業界人」っぽいということで、いつの間にか、このようにネーミングされました。一時期はすたれた感じがありましたが、2年ほど前からジワジワと復活を遂げ、今シーズンは本格的にブレイク。

ここ5年ぐらい、ストールやスカーフなどの掛け巻き物がはやっている延長線上として人気が出ているよう。しかも、カーディガンの場合、寒ければ袖を通せるので、温度調節がしやすい。視線が上半身に向かう分、腰から下がシャープに見えるのもありがたい。70年代にプレッピーやハマトラがはやったときもカーディガンの肩巻きに人気が出ましたが、その20年後の90年代にブームとなり、そしてさらに20年を経て、再びアップデートされた格好です。

今回は、すぐに真似できる「プロデューサー巻き」の実践テクニックをレクチャーします。無造作に掛ける人が多いのですが、一工夫するだけで見栄えがぐっと整うので、覚えて損のないアイデアです。しかも簡単。夏だけでなく、秋も活躍してくれそうだから、参考にしてみてください!


次のページでは、「プロデューサー巻き」ベーシック版!

「プロデューサー巻き」ベーシック版

step1

step1

カーディガンのボタンを留めた状態で肩に掛けます。

step2

step2

袖部分を持って、左右を交差させます。

step3

step3
 

step4

step4

交差部分をひと結びして、端を垂らせば出来上がり。

step5

step5

左右の長さを均等にしないで、どちらかにずらすと、着こなしに動きがでます。

step6

step6

カーディガンのボタンを背中に見せれば、寂しくなりがちな背中側のアクセントにもなります。


次のページでは、「プロデューサー巻き」エレガント版!

「プロデューサー巻き」エレガント版

step1

step1

カーディガンのボタンを開けて、腕を通さないで、肩に掛けます。

step2

step2
 

step3

step3
 

step4

step4

左右に垂れていた袖部分を持って、ひと結びして垂らします。


step5

step5

左右どちらかにずらすと、ケープを羽織ったようなエレガントなムードに。


次のページでは、ストール風、腰巻き、斜め巻きまで!

ストール風

step1

step1

カーディガンのボタンを開けて、左右どちらの腕に肘部分まで隠れるほど、掛けます。袖を持って首の後ろに回します。

step2

step2

首の後ろを回して、袖を前に持ってきます。

step3

step3

袖をそのまま前に垂らし、全体の形を整えて完成。

step4

step4

肩に掛かる分量を調節して、そのまま片肩だけに掛ければストールのような見栄えに。


腰巻き

step1

step1

近頃は肩ではなく、ウエスト辺りに巻く腰巻きスタイルもチラホラ見かけるようになりました。スキニーパンツやショートパンツに合わせれば、ヒップラインが気になりません。適度なボリュームが加わるから、腰の上下が細く見える効果も期待できます。また、マキシ丈ワンピに巻くと、ベルトのようなメリハリ効果が出ます。


斜め巻き

step

step1
 

step2

step2

ストリートではこのような斜め巻きも登場しています。着こなしに動きとシャープ感が加わるので、単調になりがちな夏服にも変化が生まれます。バックスタイルもアシンメトリー(左右非対称)になって、しゃれの利いた背姿に仕上がります。

カーディガン1枚でこんなに様々なバリエーションを楽しめるのは、着回しという点でもありがたい限り。カーディガンをストール感覚で使う手法は、「前から、横から、後ろから」と、どの角度から見たときも、表情が違って見えるから、夏場のシンプルな装いに動きをもたらしてくれます。どのアレンジも手持ちのカーデで簡単にできるから、まだプレーンな掛け方ワンパターンの人はさっそく試してみてくださいね。


【関連記事】
ストール・スカーフが小物に変身する8技
いつもと違ったストール・スカーフの巻き方 7型伝授
ストール・スカーフが服に大変身!実践テクを伝授
ジャケット肩掛けの「寅さんルック」でおしゃれ度UP!
あなたは何系?マキシ丈ワンピ&スカート着こなし実例
「Tシャツ+スカート」合わせが激カワ!新コーデ術

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式ブログ 「fashion bible」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。