今やドラッグストアではあらゆるものが買える

ドラッグストアでは薬品だけでなく日用品や食品も買えるように

ドラッグストアでは薬品だけでなく日用品や食品も買えるように

大手のドラッグストアでは薬品以外の日用品・食品も豊富に取り扱っており、価格もスーパーより安く設定されていることが多くなっています。 我が家でもスーパーよりドラッグストアでの買い物が増えていて、利用価値の高いお店だと感じています。

ドラッグストアは各地域へと出店して拡大しており、卸しや流通の面で大手スーパーに劣らない価格と品質の提供ができるようです。

個人的には、ドラッグストアやプライベートブランド(PB)商品は「デフレの申し子」だとみなしています。デフレ時代を強く生き抜いているドラッグストアは、今ではすっかり庶民の味方となり、消費者の心と財布をわしづかみしているようです。

ドラッグストアですべての買い物が済ませられる場合も

買い物をする場合は、スーパーよりも先にドラッグストアへ行くのがおすすめです。

最近、ドラッグストアでは食品が充実していて、スーパーより安い価格で売られているものもよく見かけます。大きなドラッグストアになるとPB商品の品揃えも豊富です。

パンや納豆、豆腐、牛乳、ハムといった「日配品」と呼ばれる食品を取り扱っているところもあり、上手に利用すればドラッグストアだけで買い物を済ませることも可能。個人的な感覚ですが、同じものをスーパーで購入するよりも1~3割はお得に買い物ができるのです。

スーパーへ行くとしたら、ドラッグストアでは買えなかった生鮮品を購入するためです。きっと、「先にドラッグストアで買っておいて正解だった!」と胸が高鳴ることでしょう。

ドラッグストアを制する者は食費・日用品費を制する

特売品を狙ってあちこちのスーパーへ行くよりも、ひとつのドラッグストアで買い揃えるほうが効率がよく、結果的に食費・日用品費を抑えられます。ドラッグストアを制する者は食費・日用品費を制するのです。

節約に目覚めた時、スーパーとドラッグストアの価格に違いに本当に驚きました。同じ商品でこんなに価格が違うとも知らずに、高いお店で購入していた自分の無知さに「トホホ」とあきれたのをよく覚えています。

私の「底値感覚」はドラッグストアで養われました。いつも通っているドラッグストアより安かったら、「買い」だと判断できます。

増税や原材料の価格高騰などにより、食品や日用品の値上げが続く中、ドラッグストアの企業努力には素晴らしいものがあります。ドラッグストアのいちファンとして、今後もこの業界の発展が楽しみで仕方がありません。

【関連記事】

値上げがチャンス?食費見直しでスリム家計に
食費を節約する3つのポイントとは
目に見えない豊かさを得るための「お金の品格」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。