3つのモードでフリック入力の練習ができる

 

 

フリック入力をマスターするには、毎日入力して指先で覚えるのが最も有効な方法です。とはいってもなかなか入力することも少ないし、決まった文字は予測変換で出てきてすぐには上達しないというのが現状だと思います。そこで、毎日練習するために楽しめるゲームアプリをおすすめします。

「TYPROID」はフリック文字など入力練習をするタイピングゲームアプリ(Android)で、早くかつ正確に文字入力を行いたいという人にはおすすめです。登録されている単語数は3000語以上あり、ゲームのモードによっていろいろな方法で練習が可能です。

現在公開されているモードは以下の3つです。

1. トレーニングモード

自分にあったレベルを選んで、表示される文字(漢字や数字など)を入力していきます。最初は一つのレベルしか選べませんが、クリアしてくとレベルが上がっていきます。

2. TOEICモード

表示される日本語を英語に訳して入力するモードです。

3. 漢検モード(これはβ版です)
表示される漢字の読みを入力していくモードです。

まだ、用意されているレベルが少ないのですが、今後更新予定とのことで期待できるアプリで、入力向上にこういったゲームを使うのも面白いと思います。

■TYPROID
価格:無料
開発:Yuta Watanabe
公式HP:https://play.google.com/store/apps/details?id=ady.products.type
※対応IMEの確認が必要です。

※データは記事公開時点の情報です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。