衝撃や湿気を避けてイヤホンを長持ちさせる

イヤホンを長持ちさせる為には、湿気の多い場所には置かないようにする事がポイントです。湿気が多く、高温の場所に長く置いておくと故障の原因となります。使い終わった後には、イヤホンのヘッド部分に皮膚の脂汚れが付着しています。軽くティッシュで拭き取った方が、よりイヤホンを長く衛生的にもたせる事が出来ます。

持ち運ぶ時には、通気性の良いクッション素材のケースに入れて持ち運ぶと安全です。なるべく衝撃を与えないようにして持ち運ぶ事がポイントで、ケースに入れて持ち運ぶと良いです。

コードは丸めると、中の線が切れやすくなって危険なので、小さく丸めずに大きく巻く事がポイントです。置く場所は、日陰で水がかからない場所に置きます。踏む事が無いように、必ず棚や机の上に置くようにします。

強く握ったり、コードから何度も引っ張らないようにし、必ずヘッド部分を軽く持つようにします。プラグの部分を指で触らないようにして、あまり抜いたり指したりを何度もしない方が、より長くイヤホンを持たせる事が出来ます。

イヤホンを落とすようにして置いたりせず、静かに置くようにします。タオルやクッションなどの上に置く事で、衝撃を軽減する事が出来ます。




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。