あんかけにしておくと寒い時期でも冷めずにあたたかく食べられる一品

 

 

 

 

旦那の持ちネタ(?)のひとつ、カツ丼レシピを教えてもらったので紹介します。

総菜コーナーで買ってきたカツをそのまま食べてもいいですが、カツ丼にするとボリュームアップ! さらにあんかけにしておくと寒い時期でも冷めずにあたたかく食べられます。

材料(1人分)

  • 玉ねぎ 1/4個
  • 卵 1個
  • 出来合いのトンカツ 適量
  • 水 100cc
  • しょうゆ 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • さとう 小さじ1/2
  • 粉末和風だしの素 小さじ1/2
  • 水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1+水大さじ1

作り方

  1. 玉ねぎは薄切り、とんかつは一口大に切っておく。たまごは器に割って溶いておく。
  2. 水、しょうゆ、みりん、さとう、だしの素をあわせる。丼鍋に入れてひと煮立ちさせる。
  3. 丼鍋に玉ねぎを入れ、火を通す。しんなりしてきたら水溶き片栗粉を入れてあんをつくる。
  4. あんにカツを並べ、溶き卵を入れてとじる。このとき一度に全量いれず、半分ずつ二度に分けて入れると卵もとろとろに。二度目に卵を入れた段階で火を止め、余熱で固める感じにするとうまくいく。
  5. ごはんをいれたどんぶりに4.をかけてできあがり!


丼鍋がない場合は小ぶりなフライパンなどでつくってもいいですが、水分の蒸発がはやいので、水を多めにして火を入れすぎないよう加減して作ってください。

サクサク食感がお好みの方は、カツを鍋に入れずにごはんにのせておいて、上から玉子あんをかけるスタイルにしてもいいと思います。

応用として卵なしで割り下にカレー粉小さじ1を混ぜて、カレーあんかけカツ丼にしてもおいしいそうですよ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。