角切りにした山芋が、ほくほくして軽い仕上がりのお好み焼きに

 

 

 

 

このお好み焼きは、出汁の風味がきいていて、とっても美味しいですよ。角切りにして入れる山芋がポイントです。

お好み焼きは「粉モン」と言われますが、このレシピは粉を極力少なくして、生地で野菜を絡めて焼いている感じなので、とてもヘルシーです。

材料(4枚分)

●生地
  • 小麦粉 250g
  • ベーキングパウダー 3g
  • 薄口醤油 小さじ2
  • 塩 ひとつまみ
  • 牛乳 100cc
  • 出汁 200cc(昆布とかつおでとったもの)
  • 山芋 50g(すりおろす)
  • 玉子 4個
●具
  • 山芋 100g(7mm角くらいに切る)
  • キャベツ 500g(粗みじん切り)
  • 青ネギ 100g(粗みじん切り)
  • 豚バラ肉 200g(一口大に切る)
●その他
ソース・マヨネーズ・鰹節・青のり 各適量

作り方

  1. 生地の材料の、山芋と玉子以外の材料をボールに入れ、よく混ぜ合わせる。きれいに混ざったら、山芋を入れる。
  2. 生地の4分の1(お玉1杯くらい)、具をそれぞれ4分の1と玉子1個を小さなボールに入れ、スプーンで混ぜ合わせる(※これが1枚分)。
  3. よく温めたホットプレート(強)に、2.のたねをに流し込み、形を整えて蓋をする。
  4. 焼き色がついたら裏返す。蓋をせずにもう片方に焼き色がついたら焼き上がり。
  5. ソースなどお好みのものをつけて、出来上がり。

おすすめのポイント

角切りにした山芋が、ほくほくして軽い仕上がりのお好み焼きになります。大きめの角切りのほうが、ほくほく感がアップしてとてもおいしいです。

だしをとるのが、面倒なら、だしの素小さじ1と200ccの水で代用できます。野菜はキャベツと青ネギ(白ネギでも可)、合わせて600gぐらいあればよいので、比率はお好みで!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。