こんなことから始めよう

持ち味を活かせる行動を参考に、すぐにでも始められることから取り組んでみましょう。例えば次のような行動が考えられます。

◆継続的に家計簿をつける
販売されている家計簿を使ったり、表計算ソフトで管理する表を自分で作ったりなど自分に合った方法ならどれでもOK。最近では家計簿のアプリも多く出ているのでスマートフォンユーザーには便利かも。まずは「継続してつける」ことを目指してみましょう。

◆将来のライフイベントを整理する
将来必ず訪れるライフイベントを整理することから始めてみましょう。頭でわかっていても、イベントの時期や必要な金額を書き出してみると、優先順位を考えて具体的な計画を立てやすくなります。それが貯蓄プランや投資プランのベースになります。

◆費用対効果を考えて支出を見直す
光熱費や食費を節約する、というような行動もできますが、携帯電話のプラン変更、生命保険の見直し、加入している団体の会費など支払っている金額に対しての効果を考えた支出の見直しが得意なはず。このような見直しは一度見直すことで、継続的な効果を生みます。

◆毎月必ず貯蓄する
毎月必ず貯蓄すると決めましょう。自動積立定期預金など引き落としで貯まる商品でも良いですが、自分で毎月定期預金に移すという行動をすることで達成感はより強くなるでしょう。


自分一人で頑張らずに、苦手なことは得意な人に任せよう