大きな収納ボックスに畳まず重ねる

 

 

冬服はニットやウール素材のものが多く、ハンガーにかけて収納すると、肩の部分が伸びたり、型くずれがしやすいので、出来るだけ収納ボックスにしまうようにしています。

ポイントはできるだけ、大きな収納ボックスにできるだけ畳まず収納すること。収納ボックスに洋服を広げ、はみ出た部分だけ内側に折り曲げて、重ねていきます。

畳んで収納すると、畳みじわができるので、できるだけ畳まないほうが、次のシーズンに出したときに、すぐに着る事ができるので、面倒ですが、1枚1枚広げながら収納しています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。