ホワイトバランスを調整して写真の質をグレードアップ

スマートフォンでうまく撮影するコツは、ホワイトバランスに気を付けることです。難しい写真のテクニックは全く分からないので、本当に、超簡単なことなのですがホワイトバランスを気にして写真を撮ると、上手くできることが多いです。

デジカメもそうですが、スマホのカメラでもホワイトバランスを調節ができます。私のスマホでは、晴天、曇天、蛍光灯、電球、オートの4種類のホワイトバランスの設定がありました。これを変更するだけで、写真の雰囲気が結構変わります。

次の3つの写真は、曇天の日の室内で日中に、白のストールと赤いリボンのブローチを撮影したものです。

こちらは「電球」。実物よりかなり青白いです。
undefined

 

こちらは「蛍光灯」。これが実物の色に一番近いです。
undefined

 

こちらは「晴天」。黄色みが強いです。
undefined

 

実際に撮影する場面が曇天もしくは晴天でも、ホワイトバランスを同じ状況のものに設定するのではなく、「暖かい印象にしたいから黄みの強い晴天モードで」など、撮影する対象や雰囲気に合わせて選んだほうが、自分の撮りたい写真になると思います。


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。