スタンドアロンで検証用PCにする

PC

 

信頼できない、インストールしてみないと分からないソフトウェアを検証するために使用する、壊れてもいいPCで何してもいいという扱いで使用します。

万一ウィルスに感染してもいいようにネットワークからは切り離しておき、個人情報や盗まれると怖い情報をなくすために、まずはまっさらにすること(リカバリ)は必須です。

その時はネットワークに繋がっていなくても、つないでしまった瞬間に発動するものもあるため、念のために行っておきます。

また、フリーソフトウェアの検証用として使用することもおすすめです。

例えば、画像編集をしたいけど、どのソフトウェアがいいか迷い、とりあえずインストールしてみたものの期待していたものと違ったり、動作が重すぎて全く使えないなどの経験をしたことがあると思います。

一旦インストールしてまたアンインストールという動作を新しいPCで繰り返したくないので、古いPCにインストールして検証するために使用する方法もおすすめです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。